このページを閉じる

トスカーナの古都・シエナ
〜糸杉とぶどう畑に囲まれた街〜

▲糸杉に囲まれたサンドメニコ教会

フィレンツェからバスで約1時間走ると、シエナの町がる。途中、バスの中からは糸杉やぶどう畑が見えるが、いかにもトスカーナらしい景色が広がっている。
このトスカーナ地方の景色は「世界で最も美しい街のひとつ」と言われるほどである。大都会にはない喉かな風景は「イタリアへ来て良かった」と思わず感激してしまう。
数え切れないほどイタリアに来ている私もこのトスカーナの風景はいつ訪れても、心和む風景でほっとさせてくれる。

サンドメニコ教会
(写真・左)は街の聖人・聖カテリーナの本物の肖像画が収められている。教会の周りには糸杉などで囲まれており、いかにもシエナらしい風景。


◆◆シエナ栄光の証・ドゥオモ◆◆

▲シエナのドゥオモ正面入り口

▲街はずれから見たドゥオモ
シエナのドゥオモは外壁を大理石の縞模様で、12世紀から14世紀にかけて建設されたものである。
長い歳月をかけて建てられたが、当時はこのシエナがいかに権力を持っていたかの象徴でもある。フィレンツェと常に勢力を争い、商人と銀行にによって栄えた街なのである。

13世紀,14世紀はシエナの最も栄えた時期に当たりこの時期にドゥオモ建設は続けられた。
しかし、1348年のペストの大流行により人口の半分くらいを失ったシエナはその後フィレンツェとの戦いにも敗れ、衰退してしまう。
ドゥオモのファサード(正面)は、ジョバンニ・ピサーノによって着工され見事な表現性を持った数多くの彫刻で飾られており、一番上はモザイク。

この素晴らしいドゥオモの入り口とは対照的にその横手に行くと、作りかけの新たなドゥオモの痕跡がある。
13世紀,14世紀に最盛期を迎えていたシエナはこのドゥオモをもっと大きな物にしようと,現在残るドゥオモの横に新たな壁を建設を始めた。
しかし、シエナの衰退と共に建設費は尽き、権力も失ったシエナは、それは完成できず現在では新たなドゥオモの痕跡」だけが残されている。

▲新たなドゥオモの痕跡

◆◆世界一美しい広場・カンポ広場◆◆

▲貝殻の形のカンポ広場
ヨーロッパの旧市街に行くと、大抵の街には広場が中心となっている。その昔その広場は集会などに利用された場所である。その広場の中でも「世界一美しい広場」と言われているのがこのカンポ広場である。 貝殻の形をしており、レンガ敷きで緩やかなスロープがある独特の形である。
この広場では毎年7月2日と8月16日に開催される「パリオ」と呼ばれる裸馬の競馬のお祭りが開かれることで、世界的に有名な広場でもある。シエナは17日の地区に分かれており、その地区ごとに熱狂的なレースが行われる。私は実際にはこのお祭りに遭遇したことはないが・・・・
たまには落馬して死者が出るくらい熱狂的だそうだ。炎天下の中のレースにこの広場は人で生め尽くされ熱射病で倒れてしまう人もいるとか。
私たちがシエナの街を訪れたときはちょうど日曜日。街中のお店は全部クローズされており静かな感じだったが、日曜日だけの地区ごとのパレードを見ることができた。

地区ごとにそれぞれのシンボルマークと旗があるので、その旗を持って町中をパレードすると言う。


←日曜日だけの地区別のパレード

広場の高いところには「フォンテ・ガイ」(喜びの噴水)がある。噴水は当時「権力の象徴」でもあったそうだが、1419年にシエナを代表する彫刻家であるヤコボ・デラ・クエルチャによって作られたものである。

残念ながら、破損がひどくなったため今では本物は博物館に保存してあり、広場のものはレプリカである。

フォンテ・ガイヤ(喜びの噴水)→


◆◆シエナのシンボル・プッブリコ宮◆◆

▲プッブリコ宮とマンジャの塔
カンポ広場の一番低い部分には、シエナのシンボルである「プッブリコ宮」がある。
写真でもおわかりになると思うが、かすかに湾曲しており「世界一美しい宮殿」とも呼ばれている。
宮殿の端には88mの「マンジャの塔」が美しくそびえたっている。勿論、登ることもできる。

宮殿内は現在では「博物館」となっているので、時間がある方は入場してみよう。シモーネ・マルティーニ作のフレスコ画「マエスタ」がある。

◆◆シエナ独特の街並◆◆

シエナの街の観光もやはり徒歩。坂道だらけの古い街は道路も古いまま。歩きやすい靴で行くことをお勧めします!
町全体が中世のままの雰囲気をそのまま残しており、なかなか味がある。14世紀にフィレンツェとの戦いに敗れてからは、衰退していった街だからこそ、この街並を昔ながらに残しているのかもしれない。フェレンツェは繁栄を続け今では70万人の人口に膨れ上がっているが、この街シエナの人口は約7万人。
皮肉ではあるが、街の衰退のお陰で私たちは当時のままのシエナを堪能できるのかもしれない。


文:吉田 新子   ご感想などおよせください。 ShinkoY@aol.com
写真;ツアー参加の永井真知子様・・・ご協力ありがとうございました。

  ◆ページのトップへ◆