このページを閉じる

ヴェネチアの超豪華5★ホテル・ダニエリ 

ロマンティックな水の都・ヴェネチア

▲水の都・ヴェネチアはいつも船が行きかう


▲サンマルコ広場前の鐘楼

海運王国として栄えたかつての「ベネチア共和国」は、今ではイタリアの中でも最もロマンティックで誰もが「一度は行ってみたい」と思う場所のひとつではないだろうか。
大運河・小運河には船が行き交い、町の至るところにゴンドラ乗り場がある。黒塗りのゴンドラを縞柄のユニフォームを着たゴンドリエーレ(ゴンドラこぎ)がゴンドラをこいでいる姿はヴェネチアでしか味わえない雰囲気。
ヴェネチアのホテル・ダニエリは町の中心部「サンマルコ広場」からすぐそば。ホテルの前にはゴンドラ乗り場もあり、たくさんの人が行き交う。

▲ホテル前のゴンドラ乗り場

▲黒塗りのゴンドラ

ホテル・ダニエリのリッチなロビーフロア
▲ピンクがかった建物・ダニエリの正面
ダニエリはサンマルコ広場からすぐそば、ドゥッカーレ宮殿の並びにあるホテル。宮殿をすぎて左側に少しピンクがかった建物でその入り口上には「DANIELI」と表示してある。回転式のドアを入るとそこは歴史を感じるクラシックな雰囲気。外観とは少し違うイメージだが、誰もがヴェネチアを訪れたら一度は泊まってみたい超豪華5★ホテルである。

▲入り口そばにあるコンセルジュ

▲コンセルジュ横にあるレセプション
レセプション、コンセルジュにはいつも黒のジャケットを着たスタッフがいつもにこやかに親切に応対してくれる。入り口にもスタッフが立っており不信な人物は決して入れない。私が宿泊していた時もカメラを持った外国人集団が5〜6人程、写真でも撮ろうと入ったところ、きっぱりとお断りしているところを見掛けた。

▲上から見下ろしたロビー階吹き抜け
ロービー階は全体的に重厚な木目調の家具と大理石などがふんだんに使われており、ライトもヨーロッパらしくうっすらと上品に照らしている。
吹き抜けのロビーは豪華な感じを引きたてる。

デラックスなお部屋

▲▼家具もすべて木製のアンティーク調・歴史を感じる室内

ドアを開けて室内に入ると、アンティーク調の落ち着いた家具はゴージャス!!ベッドサイドテーブル、デスク、化粧台などすべて猫足型。落ち着いた刺繍のカーテンやベッドカバーと家具とのコンビネーションはもうパーフェクト!!
部屋だけではなくバスルームも大理石がリッチに使われており、オリジナルのバスローブもある。ヨーロッパスタイルらしくヴィデもあるが、日本のお馴染みヴィデとは違うのでご注意を!


▲バスルームも超リッチ



細かいところまで心配りの行届いたバスルーム。ダニエリオリジナルのアメニティーも上品である。

美術館のようなホテル内部

せっかくの豪華なホテル滞在だから、ホテル内を探検してみた。各フロアーにはあちこちに古い絵画が飾られており年代を感じさせてくれる。
▲階段も格式が高い

ホテルテラスより・見事な眺望
ホテルの朝食は最上階にあるレストラン。ホテルの中はとても格調深く中世のイメージが強いが、このレストランに行くとテラスから明るい光がまぶしいくらいレストラン内を照らしている。大きな窓からは、すぐ隣りのサンマルコ寺院や向いの「サン・ジョルジョ・マッジョーレ島」が綺麗に見渡せる。
寝ぼけ眼でもこのレストランからの眺望を見渡せば、はっとするくらいの景色が堪能できる。

▲ホテル最上階のレストラン
▲▼レストランからの美しい景色は陽炎のよう

 

文・写真:吉田 新子   ご感想などおよせください。 ShinkoY@aol.com

 ◆ページのトップへ◆

Copyright(C) 2003 Shinko Yoshida All right reserved