このページを閉じる
テンペラ画家・日賀野兼一先生と行く
イタリア美術紀行 (1)
〜ヴェネチアにて〜

◆◆テンペラ画家 日賀野兼一先生について◆◆


▲日賀野兼一先生
日賀野兼一(ひがのけんいち)先生は茨城県水戸市に生まれ、現在福岡県在住。福岡を中心に活躍されておられる人気のテンペラ画家。数多くの美術展に出品、多くの賞を受賞されている。また、個展なども精力的に行い先生の素敵な作品は多くのファンの心をとらえている。
ツアー前に先生の作品を絵葉書にしたものを頂いたが、とってもメルヘンチックでかわいらしい作風は絵には全く素人の私もたちまちその世界に引き込まれていった。
今回のツアーは日賀野先生とそのお弟子さん達11名様と「イタリア美術紀行」の旅に出た。色んな美術館に立ち寄りイタリアの美術に浸ると言う特別なツアーである。

▲先生の作品「天空の旅へ」

▲先生の作品 「ある光景-コロッセオ」


http://www.geocities.jp/higanoart/


他の沢山の作品は日賀野先生のホームページでも見ることが出来ます。



◆◆ヴェネチアの4星ホテル アマデウス◆◆



▲ホテルの入口

▲ホテル前の通り
福岡空港から成田、パリ、ヴェネチアと空路でイタリア入り。最初に泊まったのはヴェネチア4星ホテル「アマデウス」。サンタルチア駅から3分ほど歩いたところにあり、シックな感じのホテル。
▲ホテルのロビーはヨーロッパ調にシックな茶色の色
ホテルの部屋のバルコニーからは中庭と周りの民家などが見える。いかにもイタリアらしい屋根の色、古い家・・・古いものを大切にするイタリアの歴史を感じる光景だ。
▲ホテルの中庭には緑がいっぱい
イタリアでは間口は小さくても中庭のあるところが多い。私達が宿泊した「アマデウス」にも緑がいっぱいの中庭があり、心を和ませてくれる。古い壷に竹をあしらったデザインがお洒落!
▲ホテルの部屋から見えた古い家
▲ホテルのレストラン朝食のバイキング
ホテルのレストランは個人まりとしているが、朝食のバイキングでは色んな種類のパンやチーズ、フルーツがかわいらしく並べられている。また、レストランから見える中庭の景色は朝のさわやかさを一層演出してくれる。
▲レストランからは中庭も見えてとっても落ち着く

イタリアでは数多くの美術館などを訪れましたが、先生や生徒さん方の様子をシリーズでお伝えします。先生御用達の画材屋さんなども必見です!

イタリア美術紀行(2)へ>>

文・写真:吉田 新子   ご感想などおよせください。 ShinkoY@aol.com

( 私のHPモバイラーツアコンの旅ちゃんねるもご覧下さいね。)

 ◆ページのトップへ◆

Copyright(C) 2004 Shinko Yoshida All right reserved