このページを閉じる

テンペラ画家・日賀野兼一先生と行く
イタリア美術紀行 (9

〜サンジミヤーノ・シエナにて〜

◆◆美しき塔の街  サンジミヤーノ◆◆


▲世界一美しいと言われるトスカーナの景色
フィレンツェを出発し車窓から美しいトスカーナの景色を眺めながら一路、美しき塔の街・サンジミヤーノへ。大都市フィレンツェから離れてホッとするような車窓からの風景は飽きることがない。糸杉など緑が一面に広がり・・・・ちょうどJAL機内で上映されていた「トスカーナの休日」という映画がすぐに思い浮かんだ。
▲サンジミヤーノの街の入口 サンジョバンニの門
サンジミヤーノに到着したのがまだ早い時間だったせいか、観光客の姿も全くない。中世の世界にタイムスリップしたかのような町並みをゆっくり歩くのも味がある。

▲サンジョバンニ通りを歩く

▲人もまばらな通り
町の入口のサンジョバンニ通りをまっすぐに歩いていくと、チステルナ広場へと出る。広場の隅にはかつてはこの街の水源であった井戸がある。そこから左側へなだらかな坂道を上がると町の中心にあるドゥオモ。フフィレンツェなどのドゥオモのような派手さはないが、まるで時が止まったかのような素朴さがある。

▲チステルナ広場

▲中心にあるドゥオモ

▲街にそびえ立つ塔
ドゥオモの横を通りさらに上へと急な坂道を上がっていくと展望台へと行くことができる。ドゥオモの窓には鳩が羽根を休めていた。心休まる風景に思わずシャッターを押す。

▲ドゥオモの窓にとまっていた鳩

▲ドゥオモ階段に置かれた花
ルッカまで皆さんと登って記念写真! ここから見える景色はとても美しい。「こんな街に泊まってみたいわ〜」と皆さんの歓声が上がる。素朴で素敵な街サンジミヤーノ、またいつか訪れていただきたい。

▲街の一番見晴らしの良い展望台

▲展望台からのパノラマ

◆◆世界で一番美しい広場 カンポ広場へ◆◆


▲街の中心部へ入る前に記念写真
ちょっと急ぎ足ではあったがシエナにも立ち寄った。大型バス駐車場が街から少々離れている為アップダウンのある道を歩いてカンポ広場まで向かった。本日のランチはご自由に頂くことになっていたので、カンポ広場のカフェテリアなどでそれぞれにランチ。それにしてもいつ来てもカンポ広場は大勢の人で賑わっている。
▲町の中心カンポ広場にはいつも大勢の人

シエナの後はアッシジへとバスを進めました。アッシジではサンフランチェスコ教会やエルモ・デレ・カルチェリなどの様子をお伝えします。

イタリア美術紀行(10)へ>>

文・写真:吉田 新子   ご感想などおよせください。 ShinkoY@aol.com

(私のHPモバイラーツアコンの旅ちゃんねるもご覧下さいね)

 ◆ページのトップへ◆

Copyright(C) 2004 Shinko Yoshida All right reserved