◆帰るホテルがわからない・パリ警察出動◆

あるパッケージツアーでの出来事でした。
ツアーはスムーズでいよいよ最後の観光地パリ。
20名様くらいの普通のパッケージツアーでしたが、
お客様の中にかなり年配のご夫婦がいらっしゃいました。
もうすぐ80歳になろうと言うこの老夫婦、私も何かと気を使いながらのツアーでした。

「最後のパリだし何事もおこらなければいいな」と思っていたのですが・・・

パリ市内観光後、ある免税店でショッピングタイムを取りその後はフリータイム。
それぞれご自身で滞在のホテルへ帰っていただくことになっていました。
ショッピング前にはバスの中で何度も地下鉄の乗り方、タクシーの乗り方など詳しく説明していましたし、「自信のないお客様は免税店でも個人的に遠慮なく添乗員に聞いてください!」とご案内していました。
この老夫婦ことは特に心配だったので、一番先に何度もタクシー乗り場の位置など説明していたのですが・・・

免税店では不安なお客様が何組か私にタクシーの乗り方、地下鉄の乗り方など再確認に来られた方もいらっしゃいました。その対応でバタバタとしていた時・・・
気付いてみれば、一番心配だった老夫婦がすでにいないのです。
店内を見て回ったのですが、もう姿はなく、
「お疲れになって、タクシーで帰られたのだろう」と思っていました。

その日は夕食は皆さん揃ってホテルで頂くことになっていました。
ヨーロッパの夕食は比較的遅いお時間のことが多く、ホテルでの夕食の時間は午後8時でした。その時間までフリータイムと言うわけです。

宿泊していたホテルはパリ市内中心部ではなく、
デファンス地区と言うところで新凱旋門のそばのホテルでした。
パリ中心部からそう遠くないところにあります。

ホテルでの夕食時、全員が揃って頂いて、
「よかった、おじいちゃんとおばあちゃんもちゃんと帰っていた」
とほっと安堵した私でしたが・・・・

夕食時に皆さんとおしゃべりがはずんだその時。
おじいちゃんが、なにやら「実はね〜」と話し始めたのです。
今まであまり口数の多くなかったおじいちゃんですが、
その話の内容を聞いて、全員血の気が引いてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おじいちゃんの話しによると・・・・

おじいちゃんとおばあちゃんは、免税店でのお買い物には興味がなかったので、すぐにタクシーでホテルに戻ろうと、タクシー乗り場に行き無事タクシーに乗ったそうです。
「タクシーに乗ったら日程表に書かれてあるホテル名を見せるのが一番」
そう私から言われていたので、行き先であるホテルを運転手に告げようとその日程表を探したそうですが、日程表が見つからない!!
ホテルの名前も横文字で覚えているわけもなかったのです。
(*日程表にはツアーの日程のほかに、ホテルの住所、電話番号、現地での緊急連絡先など重要なことがたくさん書かれているのです。)

おじいちゃんとおばあちゃんは、慌てたそうですが、
親切なタクシーの運転手さんは
「きっとホテルがわからないのだろう」と察してくれたようです。
パリ市内のホテルというホテルへ行き
「ここか??」
という素振りをして聞いてくれたそうですが、一向に見覚えのあるホテルにたどり着かない。
「ここか?」と聞かれるたびに、
「違う」
と、首を横に振り続けるおじいちゃんとおばあちゃん。
それを繰り返しているうちに、タクシーのメーターを見るとどんどん料金が上がっていったそうです。

おじいちゃんとおばあちゃんは、
「もうあまり現金は使わないだろう」
と、両替をあまりしていなかったのです。
財布の中を見ればタクシー料金を払える額ははいっていない・・・・・

そこで二人のとった不思議な行動とは、
信号待ちでタクシーが止まった瞬間、ありったけのフランスフラン(現在はユーロ)を運転手に押し付け、なんと逃げてしまったのです。
タクシーから逃げ出し、セーヌ川のある橋でふたりが呆然としていた時、
偶然にも制服を着た警察官らしい人が通りかかったそうです。
おじいちゃんとおばあちゃんは、迷わずその警察官にすがりついたそうです。
日本語で「助けてください!!」と言ったそうですが・・・・
親切な警察官もまた、「迷子になった日本人老夫婦」と察しがつき、そのままパリ警察署へ連れて行ってもらったそうです。

そこからがまた大変。
今度はパトカーに乗せられ、またパリのホテル巡りが始まったそうです。
タクシーと違い今度は料金を気にせずに・・・・(笑)
そして集合時間の午後8時前にやっと見覚えのあるホテル前にたどり着き、
「よかった、よかった」と無事帰り着くことができたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この話しには私も参りました。
とりあえず無事帰り着いてくれたので本当に良かったけれど・・・
「もし、そうでなかったら」そう考えるとぞっとする私でした。

ツアー中には必ず日程表を持ち歩きましょう!!
いざと言う時には、この日程表で助かることもあるのです!!

<<戻る