◆何故??下着姿で一流ホテルを歩いた訳◆

私がお連れしたのはあるお偉い方々の視察ツアーでした。
視察ツアーのメンバーは全員男性の方ばかり。
当然のことながらホテルでのお部屋も全員が男性同士のツイン。
その視察の最後の地であるロンドン中心部のある一流ホテルでの出来事でした。
ホテルの部屋は日本でもよくあるオートロック式。

その日はホテルチェックアウトの日。
私はフロントでチェックアウトされるお客様方のお手伝いをしようと待機していました。
数人のお客様のチェックアウトをお手伝いし次に来られるお客様をお待ちしていたその時・・
事件は起きました。
フロントのちょうど真向かいがエレベーター。
そのエレベーターがゆっくりと開き始めた時、
「私のお客様かもしれない」そう思って私の視線はエレバーターへ。

エレベーターが全開し、中にいる人を見てもうビックリ仰天。
「うっそ〜〜!!」「なんで〜〜!!」
一人の男性がなんと、下着姿で立っているのです。
夏だったので白いランニングとステテコ。
よ〜く顔を見ると私のお客様。
その姿でエレベーターからフロントへ出ようとされているその瞬間、
私は急いでエレベーターに掛けよりました。
エレベーターの中へそのお客様を押し込むようにし、
「お部屋のカギをすぐにお持ちしますから、お部屋の前でお待ちください」
とお客様に伝えました。

そのお客様を見た瞬間、私は事情がすぐにわかったのです。
「きっと部屋のカギを中に残したまま下着姿で廊下に出てしまったのだろう」
私の予想は的中していました。
でも・・・・・
「ツインのはずなのに、同室のもうひとりの男性は部屋にいないのか?」
疑問を抱きながらも、私はフロントに事情を説明しカード式のスペアキーをもらってお部屋へ急ぎました。

息を切らしながらその方のお部屋の前に行って、またまた仰天!!
なんとそこには下着姿の男性がおふたり立っていらっしゃったのです。
先ほどフロントに来られた男性はランニングとステテコ姿。
(それもよく見ると使い捨てステテコらしくお尻の部分がパッコリ破れているし〜)
もう一人の男性は、上はワイシャツで下はブリーフ姿。
とほほほ。

とりあえず、スペアキーで部屋へ入って事情を伺ったところ・・・

グループでホテル滞在した場合、チェックアウトの日にはスーツケースをポーターさんにまとめて集めてもらうので、指定の時間にスーツケースを廊下に出してもらうことが多いのです。(このことをバゲージダウンと言います)
二人の男性は部屋で洋服に着替えようとしていた時、ふと気付いたらそのバゲージダウンの時間だったそうです。
お二人は中途半端な格好で、
「まずはスーツケースを出そう」
と、二人揃ってスーツケースを廊下に出したその時、不幸にも部屋のドアが閉まってしまったそうなのです。
勿論、お二人は部屋のカギなど手にしていませんでした。

どうしようかと二人で相談した結果、
「どちらかがフロントに行ってスペアキーをもらおう」と言うことになったそうです。
勿論、各フロアーにはフロントに繋がる電話機が設置されていましたが、
英語が苦手だったお二人は事情を伝える自信がなかったのです。

お二人とも妙な格好をしておられたのですが、
「ランニングと破れた使い捨てステテコ」と「ワイシャツとブリーフ」
結局「ランニングと使い捨てステテコ」の方が増しだという結果のようでした。

オートロックのホテルではうっかりカギを部屋の中に忘れることもありますが、
決して下着姿で部屋の外に出ないようにしましょう!!
部屋の外に出るときは必ず部屋のカギをお忘れなく!

<< 戻る