◆漢字の苦手な私の大失敗 in台湾◆


私のお仕事は80%以上がヨーロッパの国。
アジアの国にもお仕事で行くことはあるが、大の漢字オンチの私。

随分昔の話になるが、珍しく台湾へ出かけたときのことである。
私は台北市内の「シェラトンホテル」に滞在していた。

仕事でタクシーで10分くらいの「リージェントホテル」へ出向き、夜遅く再び「シェラトンホテル」へ戻ることにした。リージェントホテルのベルボーイさんに「タクシーの運転手にシェラトンホテルに行くように言ってくれ」と、英語で頼むとベルボーイは「OK!」と言い、そう運転手に確かに伝えていた(ように聞こえた・・・)。私は安心してタクシーへ乗り込みホテルへ到着となった。
台湾のタクシーはとても安く基本料金が50元(約200円)。私はチップを含み70元支払いホテルの裏側からホテルの中へと入って行った。が・・・・・・・・
 「ん??」エレベーターの位置が違う!! 何かいつもと様子が違う!!

 ホテルのロビーにたどり着くと、な、な、なんと「ヒルトンホテル」と書いてあるではないか。私は「え〜〜〜、なんで!」と一人焦ってしまい、ホテルのフロントマンに「シェラトンホテルはどこ??」と英語で尋ねた。 すると、そのフロントマンは「ここがシェラトンだ・」と言うではないか。 「うっそ〜〜〜」確かに「ヒルトン」と書いてあるのに・・・
 私は気を取り直して、もう一度タクシーに乗り込み、今度はホテルカードを見せて無事、正真正銘の「シェラトンホテル」に到着できた。

翌日、台湾人ガイドをつかまえて、「ね、ね、ヒルトンって中国語で言ってみて!」と聞くと、「シェラトン」と言う答え!! 正確には「シェルトン」かもしれないが、私の耳には確かに「シェラトン」と聞こえた。そうなんです、「ヒルトン」は「シェラトン」と言う発音になるらしいのです。

 実はシェラトンホテルは現地では「来来(ライライ)大飯店」として知られており、シェラトンとはサブタイトルのようなものだったんです。あああ、西洋の国では「シェラトン」と言って通じないことはないのに・・・・やっぱり「漢字」に限る!!
 皆さんもご注意!! 


<<戻る